婚姻届を出してさまざま名義変更に行

婚姻届を出して、さまざま名義変更に行こうと思った時に印鑑を新たに創ることにしました。

印鑑どれでもいいし、そのまま使い続けたら?防犯にもなるじゃん?そんな話を聞いたけど、私にとって旧姓の印鑑を使い続けるのはおかしいと思ったからです。

でも、これまた日本でも5本の指に入るくらい一般的な苗字になったので、どこにでもある同じような既成品の印鑑は少し気が引けました。
で、結局はホームセンターでもつくれる絵柄のついた印鑑で彫ってもらいました。簡単につくれるけど、ちょっとした満足感があるし気に入っています。

おこちゃまが生まれました。

それをわけに、この子がずっと使えるような実印を探しています。

ずっと使えるように、途中で割れたりしない丈夫な物で見栄えがするもの。

しかし、以外と印鑑は高いですよね。でもずっと使うのだから、ちょっとでも品質の良いものを贈ってあげたい。そしてその実印を使って、始めての通帳を作りコツコツとお金を預けて、成人した時に渡してやりたいのです。

ってなると、象牙かな?実印の大きさは、苗字と名前が入るから大きい。

だからか、ほんとに値段がしますね。印鑑の中で実印を必要だと感じている人はこれから新生活が始まる時に多くなってきます。実印の値段というと、安いものから高いものまでさまざまです。安いものを捜せば1000円以下で買うことができるし、高価なものを見れば10万円以上というものもあります。重要な契約などに使用するものであることからそこそこの値段は覚悟して購入している人が一般的です。

実印が欲しいとネットで発注した時に、セットで銀行印頼めば割安になる商品がありました。
今までの銀行印は家にあったもので何も思わず使っていて、深くはないけど気になっていたので、この機会にともにい注文する事にしました。
新しい印鑑を創るので、既製品のようなタテ彫りにはしないで、ヨコ彫りにしてみました。
また、書体も選べるので吉相体にしてみました。アタリはなしにしてみました。
大きさは、12mmの大きめを選びました。

いつもは印鑑を新しく創ると言う事はありませんが、結婚をした時、相続などで新しい印鑑が必要になることもあります。結局、近所の街の印鑑屋さんはなんか入店しづらくお値段もよくわからないので、ホームページを探し人気があるところで購入しました。

急いでいたので2~3日で届いたのでとても良かったのですが、やはり苗字にするか名前で掘るか、印材は何にしようかなど一つ頼むにも結構悩んでしまいあわてなくていいように、考えておけば焦らなかっ立と思いました。少しの時間だけでもいいので事前に探しておくと順序よく注文できるのでお奨めだと思います。
店がちがうと印鑑の値段のちがいがあるだけでなく何本かのセットで販売したり、職人さんの手彫りがいいのか全て機械彫りにするかを選べたりと見ておくべ聞ことがさまざま有りました。やはり職人さんの手彫りはそれなりに値段が上がります。

最高級と知られている象牙を使い手彫りにしたら値段は高価になります。
私としては黒水牛あたりが品質も良くお値段も無難なのではないかと思います。契約という時に実印が必要になるでしょう。ネットで契約も済ませるというのも増えていますが、やはり実印が必要な書類も有ります。

土地や家の購入。大きなお金が動く時は、依然として実印の押印が手続上、なしでは契約できません。

なので、私は役所に行って実印登録をしなければなりません。

登録する実印は縁起良くするためになるべく安すぎず良い物を選びたいと思います。

ネットで実印を作ってもらいました。

実際に届くまで不安だったのですが、出来上がりを見て予想以上だったのでたすかりました。印鑑を入れておくケースもセットでついてたんですが百均ではとても買えないような品質が良いものでした。値段が高くないとよくないとか有名店で買わないと心配だと感じる方もいてるかも知れませんが、その印鑑が一つしかない存在であればネットで購入しても大丈夫という考えなので私は何ともなく購入出来ました。印鑑の値段というと材質は勿論ですが、作成方法や作業にかかる時間、どれぐらいの大きさの実印にするか大量に仕入れたなどの仕入れ方法や至急欲しいのか、何年保証付きなどといったものからも値段に変動が大聞く出てきます。大事なものなので安すぎると不安を感じますし、ある程度の価格の実印を購入した方がいいと思います。印鑑の材料は黒い水牛の角や、新しい素材ではチタンなど、耐久性が高く高級感あるものが人気があります。また、実印と銀行印を同じ印材なのですがサイズと刻む文字を実印は氏名を入れ、銀行印は氏のみ入れて、セットで販売されているものもあります。

実印には重い意味があることを忘れず、簡単にはんを押さないように、それにみあった値段の印鑑を購入し、大事にあつかう習慣をも付ける一助とすべきなのです。
実印が欲しい時は、大型店に入っているはんこ屋でも購入できますし、近頃はネット通販でも購入できる時代です。

もっと詳しく⇒結婚と印鑑セットの選び方について